<< 今日のゲームは…「スクランブル(LSI版)!」 [2015-02-28] | main | 今日のゲームは…「チャレンジャー!」[2015-03-02] >>

今日のゲームは…「ドルアーガーの塔!」[2015-03-01]

こんにちは、でんぺんです。

 

転記シリーズもついに3月に突入! 本当の月(今は4月)とはまだ開きがありますが、頑張って更新していきます。

よろしくお願いします。

 

※転記シリーズとは、僕が別の某ブログで書いていた記事を転載しつつ当時を振り返ってコメントを追加してるシリーズです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ドルアーガーの塔はナムコから出たアクションロールプレイング(?)です。
僕が遊んだのはファミコン版ですが、もともとはアーケードゲームで出ていたものでした。

 

ドルアーガーの塔


もともとがアーケードなのでロールプレイングと言ってもアクションというかアドベンチャーというか、そういう要素が多い異色作でもあります。

 

ベースは鍵を拾って扉を開けてクリアで塔を登っていくだけですが、途中で宝箱を取れるかでクリア出来るかが決まると言うほどの差があります。そしてその宝箱は、恐ろしいまでの不条理(?)な隠し方をしています。

 

これは謎解きと言うよりも答えを知っていなきゃわからないものも多く、それがある意味の特徴だったのですが、今だったらネットで全部情報がすぐに出ちゃうでしょうし、当時だからこそ成立していたのかもしれません。

 

RPGとはいえアーケードゲームなので長々とプレイされても困りますし、その中で工夫されて作られたシステムなのかなと思います。そう考えるととてもシンプルで良く出来ている部分があります。

 

サウンドも今でも耳に残っていますね〜。

 

しかし主人公に体力があるのにそれがわからないという変わったシステムは当時は戸惑いましたね。攻撃するにしても生き残れるかの判断が出来ないですからねぇ…。今だったらこれはかなり批判的に受け取られる可能性が高いですよね…。

 

という感じではありますが、僕がクリアしたのは後々で攻略法を見ながらでしたが、答えを知っていてもアクションの要素もあるので簡単というわけではなく、なかなか手応えのあるゲームだったような気がします。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

という感じでした。

 

僕はアーケードゲームはファミコンが発売されてからはあまり遊ばなくなってしまったのですが、まだ当時は独特な雰囲気もあって、それはそれで面白いというか興味のある空間だったと思います。今ほど一般的ではなく不良のたまり場と言われていた事もありますが…。

 

そんな中で、アーケードゲームはアーケードゲームらしい進化をしていきました。ドルアーガーの塔は、そんな時代だからこそ生まれたようなゲームでしたね。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新情報
無料、有料ゲームを作っている無責任商会です!

ホームページはコチラ!
twitterアカウント

LINEスタンプ
「ぼんぼん人のちょいゆる敬語」公開中!
ぼんぼんスタンプ ちょいゆる
スタンプ詳細はココ


パズル「すなっぷる」iPhone版
公開中!
すなっぷる
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に女子高生探偵アドベンチャーゲーム
「女子高生探偵来栖レイ 」公開中! 女子高生探偵来栖レイ
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に工房経営シミュレーションゲーム
「ガラクタ工房2」公開中! ガラクタ工房2
ゲーム詳細はココ
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM