<< 【劇団四季】リトルマーメイド観てきました! | main | ☆★ぼんねこLINEスタンプ発売しました★☆ >>

今日のゲームは…「イース!」 [2015-02-26]

こんにちは、でんぺんです。

 

久々の転記シリーズです。ネタはあるのになかなか更新できず…。

困ったものですが、これからも更新していきますので、よろしくお願いします!

 

と言うことで、続きます。

 

※転記シリーズとは、僕が別の某ブログで書いていた記事を転載しつつ当時を振り返ってコメントを追加してるシリーズです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

今日はパソコンユーザーなら誰でも知っていると言っても過言ではない「イース」です!

 

イースはシリーズがたくさん出ていますが、僕が初めてプレイしたPC88版から3までを中心にしつつ語りたいと思います。

 

イース1

 

イースと言えばパソコンのゲームを変えたと言われるほどの名作アクションRPGです。

 

この時代のパソコンゲームは難しければ難しいほど良いと言われていた(思われていた)時代で、その中で優しさを前面に押し出し難易度も高くないイースはある意味異端な感じでした。

 

体当たりでのシンプルな戦闘でありながらも半キャラずらしという技が存在し、全てがシンプル且つ洗練されていたように感じます。ただRPGとしては後半のメインであるダームの塔につく頃にはレベルがマックスに達してしまうなど、どちらかというとすぐにアクションよりになるところもありますね。

 

そして実は、僕は初めてイース1をやった時は、あまり印象に残ってないというか、あっさりしちゃってたんですよねー…。上記のように簡単というのもありますが、このゲームは友達から借りてプレイしたという事もあって思い入れが低かったのかもしれません。

 

それにストーリーもイースは1と2、合わせて完結するところがあるので1だけだとちょっと尻切れトンボなところがあります。もちろん音楽はいいのですが、この時はなぜかそれほど音楽を気にしてなかったのか、それに気づいていたのかもわからないぐらいで…。

 

リアルタイムにプレイしているので2を遊ぶまでに間があるのですが、なぜか2はものすごく興味をもって注目していました。この間に何があったんでしょうね、笑

 

そして2をプレイして…。これは名作だ! となりましたね〜。
2は魔法があるのでアクション性は低くなる部分はあるんですが、それでもストーリーや場面展開などもいいですし、レベルも1の時と違って最後までアップしていきます。音楽も言わずもがなパワーアップしてまして、さらにストーリーが完結するとなればやっぱり感動しますよね〜。

 

そしてイース1・2は家庭用ゲーム機でも花開きました。PCエンジン版のイースですね。
PCエンジン版はこの1と2がひとつになり、さらにCD-ROMを生かした音声など家庭用ゲーム機としてのパワーアップが成功していたと思います。残念ながらイースはPCエンジン版以外はイマイチな展開になってしまいましたが…。

 

そしてこれも一言言っておきたいのはパソコンのリメイク版ですね。
リメイク版のイース1・2完全版は、ファルコムのリメイクの中でも完成度が高いと思っています。

 

完全版イース2
完全版イース2


もともとイース1・2は完成度が高かったので、それを変にアレンジしないでパワーアップしたような感じなのが良かったです。

 

この時のオープニングムービーも素晴らしかったです。後から知ったのですが、このオープニングムービーは新海誠さんがファルコム時代に作っていたんですね〜。
新海誠さんは今はファルコムを辞めてフリーになって映画も作ってるぐらいの人ですが、映像が素晴らしい人なので、納得というかビックリしましたね。さすがにフリーになるだけありますね〜。

 

なんか古代祐三さんといいファルコムを辞めた優秀な人って多いですよね〜。この人達がファルコムに残っていたらファルコムは変わっていたのは、もしくは残るほどでもない感じになってしまっているのか…って感じですね。

 

そして最後にイース3です。
僕はイースは3までがオリジナルスタッフの多くが関わっているので、それ以降とは区別したいと思っています。なので今回も3までの話しがメインになっています。

 

イース3
イース3


イース3はサイドビューになったりアクション性が強くなったりとかなり異色作になってます。
正直僕はイース3はちょっとイマイチなんですよね…。もともとアクションに向かないPCハードというのもありますが、色んな面で1・2より見劣りしてしまうのです…。

 

アクション性を重視したためかアイテムなどはほとんど自動で使われますし謎解き的な要素はほとんどありません。またアクション性が高い割にはどこでもセーブできるので緊張感が薄くてイマイチだと思うところもあります。
個人的には、このどこでもセーブを町でしかセーブできない(プレイ中の中断ぐらいはあってもいいけど)とか、アイテムを任意で使った謎解き要素がある、などあればもうちょっと良かったんじゃないかと思ったりもしています。まあそれはアクションよりだからなのですけどね。

 

それにイースのストーリーは1・2で完結していますし、それに比べると3はちょっとストーリーも薄い感じがします。音楽も古代さんが辞めたからかどうかはわかりませんが1・2と比べると薄くなったような感じがして、全てにおいて見劣りしちゃうんですよね…。

 

確かに技術的には高く、多重スクロールやPCの割には高いアクション性など素晴らしい面もたくさんありますが、そういった色んな要因があって僕は3はあまり高く評価していません。話しによるとイース3はもともとイース3として開発をしていたわけじゃなくて、1・2の評価が高かったので、後から制作途中のゲームをイース3にしたという噂もあります。(そしてそれに嫌気がさして開発メンバーが3の後に辞めてしまった)噂ではありますが、もしそれが本当なら、ちょっと残念な話しですね…。

 

ということで、色々と話しは尽きないですが、このぐらいにしておきます。
しかしイースと言えばアドルですが、赤毛の少年=アドル、みたいな印象も定着してきてますよね。
アドルの冒険はまだまだ続くようですが最新作はプレイしてません。まあ一番の理由はVISTAを持ってないからですが、なんとなくイースは1・2の頃が一番だったような気がします。なんでか最近のイースは魅力を感じなくなってきてるんですよねー…。

 

なんだかんだで長くなってしまいましたね。ということで今回はイースでした!

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

という感じの記事でした!

 

ちなみに今はVISTA持ってるんですが、おそらくこのブログの時に書いていた最新作はイース「セルセタの樹海」だと思うのですが、それはまだプレイした事ないです…。ただイースVIII -Lacrimosa of DANAはプレイしました。その辺もまたそのうち記事に出来たら…と思います。

 

3作分だから文章量が増えてしまった感じもありますが、やっぱりパソコンゲームユーザーには外す事の出来ないソフトの一つですよね。

 

……そしてこの中で話題になっている新海誠さん。このブログを書いていた当時は知る人ぞ知るという感じがあったんですが、去年爆発しましたね…。そうです。映画「君の名は。」です。

 

君の名は。

 

今でも上映が続いているロングセラーでもありますし、なんと言っても去年の12月の時点で興行収入200億円を突破し、宮崎駿監督の『もののけ姫』と『ハウルの動く城』を超え、日本における歴代興行収入ランキング5位(日本映画では2位)となっているぐらいです。凄い…。

 

おそらく本人が一番驚いているレベルではないかと思いますが、このブログを書いているときにはこんなことになるとは思ってませんでした…。次回作のプレッシャーは大きいと思いますが、これからも良い作品を作っていって欲しいですね!

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新情報
無料、有料ゲームを作っている無責任商会です!

ホームページはコチラ!
twitterアカウント

LINEスタンプ
「ぼんぼん人のちょいゆる敬語」公開中!
ぼんぼんスタンプ ちょいゆる
スタンプ詳細はココ


パズル「すなっぷる」iPhone版
公開中!
すなっぷる
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に女子高生探偵アドベンチャーゲーム
「女子高生探偵来栖レイ 」公開中! 女子高生探偵来栖レイ
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に工房経営シミュレーションゲーム
「ガラクタ工房2」公開中! ガラクタ工房2
ゲーム詳細はココ
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM