<< ◆2014年どんな年ーー!?下半期◆ | main | 【LINEスタンプ】ぼんぼん人★リリース! >>

プチコン3号用開発支援ソフト。第4弾〜5弾「PUCHI-LOADER」&「PUCHI-SAVER」

こんにちは、でんぺんです。今回で紹介も最後になります。
というか本当は全5回に分けようかと思ったんですが、最後の2つはちょっと毛色が違うこともあるのでまとめて紹介しちゃうことにしました。

これはその名の通り、ロードやセーブに関わる補助アプリなので毛色が似ています。またこれらは僕のリリースしたPUCHI-LAUNCHからの利用を想定しています。単体でも利用できるようにはしていますが操作感も近いので組み合わせると一体の機能のように利用できると思います。

とは言え一応単体で利用できないわけではないのでプログラム先頭に書いてある戻るプログラムの変数を””(空)にすれば単体でも使用できます。(カレントプロジェクト内にPUCHILAUNCHが存在しない場合も単体で起動します)

という感じの特色のアプリではありますが、各アプリの解説は続きますね。
 
※定番の注意点:ダウンロードするための公開キーを書いてあるのですが、公開キーはファイルを更新すると変わってしまいます。出来るだけ過去の記事を修正したいとは思っていますが忘れることもあると思うのでダウンロード出来なかったら新しい記事を探してみてください。

ということで紹介です! まずは「PUCHI-LOADER」からです。
これらのアプリは全て上画面しか使っていないのでスクリーンショットも上画面のみです。
 

PUCHI-LOADER
タイトル PUCHI-LOADER
バージョン 1.10
公開キー A8VJDS

PUCHI-LOADERは、その名の通りファイルをロードするだけのアプリです。指定したプログラムスロットに選んだファイルをロードする事が出来ます。
そしてもう一つの特徴としてはスマイルツールに登録することで別プロジェクトのファイルもロードできるようになります。
(プログラムリストはテキストで編集ですが…)

用途としては何度も参照したくなるサンプルやライブラリなどを登録しておいて、それを簡単に別スロットにロードする。というのを想定して作りました。ただその後、カレントプロジェクト内のファイルを選択する機能も追加したのでファイラーに近い感じで利用することも出来るようになりました。

そして冒頭で説明したように、このアプリは僕のリリースしたPUCHI-LAUNCHから利用することを前提にもしています。とりあえずPUCHI-LAUNCHと同じプロジェクト内に入れておくのが推奨です。

初回起動時にかぎり設定ファイルが見つからないのでデフォルトを作成する旨のメッセージが表示されるので作成してください。
作成されるファイルは、TXT:_PUCHILOADERとなっています。このファイルはTXTファイルなので自分で編集する事が出来ます。(初期登録リストにも設定ファイルを簡単にロード出来るように登録してあります。
適当なプログラムスロットにロードして内容を編集、セーブする事で自分の好きなリストに出来るので、使いやすいようにカスタマイズして使うことをオススメします。

■使用方法

1. プログラムスロットの一覧が表示されるのでロード先のスロットを決定します。また右上には選択中のスロットの中身の一部がプレビューで表示されています。

スロットの横の()表示されている数字はそのスロットで使用されている行数です。0なら確実に使える領域ですが、なにか入っていても上書きしたい事があると思うので選べなくはしてません。

スロットは念のため起動時はメインで使われるであろう0番は選べないようにしました。選びたい場合はLボタンを押すことで0番の利用を切り替えることが可能です。またスマイルボタンではなく直接起動した場合、その起動に使ったプログラム使用中のスロットは表示されません。

2. ロードするファイルの一覧が表示されるので選択します。始めに表示されているのは登録されたリストの一覧のみですが、ここでLボタンを押すと、カレントプロジェクトに存在するファイルも同時に表示されるようになります。用途に応じて使い分けてください。

ファイル選択すると1で選んだスロットにロードします。既になにか入っているスロットの場合はシステムによる上書きメッセージが表示されるはずです。それにしたがって選択してください。

■設定ファイル(TXT:_PUCHILOADER)について

上記でも説明しましたが、PUCHI-LOADERは設定ファイルを作成します。その中身はテキストなのでプログラムスロットなどにロードすれば編集出来るのですが、その形式は以下のようになっています。(設定ファイルにもコメントはありますが)

ファイル名,見出しタイトル(改行)
です。

ファイル名にはプロジェクトフォルダ名を含めることもできます。ただしプロジェクトフォルダ名を含めた場合はスマイルツールからの起動でないと動作しないので注意してください。(スマイルツールのPUCHI-LAUNCHから起動していればとくに問題はありません)

見出しタイトルは省略することも可能です。省略した際は、ファイル名がそのまま見出しのタイトルになります。

またファイル名のところで/(スラッシュ)を先頭にプロジェクトフォルダ名を書くと、そのプロジェクトフォルダの内容を一覧に表示することが出来ます。この時の見出しタイトルは一覧のところに連番で表示されるタイトルになります。

なので例えばサンプルなどが入っているSAMPLEというプロジェクトフォルダがあった場合、設定ファイルに、
/SAMPLE,サンプルしゅう
のように書くことで、個別にファイルを登録しなくてもSAMPLEプロジェクトフォルダに入っているファイルの一覧が表示されるので便利に使える設定になっています。
 

「PUCHI-LOADER」に関しては以上です。次は「PUCHI-SAVER」です。

「PUCHI-SAVER」の方にはバックアップ機能も存在するため、ちょっとだけ複雑になります。以下、まずは通常の機能から説明していきます。
 

PUCHI-SAVER
タイトル PUCHI-SAVER
バージョン 1.00
公開キー 4RADR3Y3

PUCHI-SAVERはスロットに登録されたプログラムをセーブする事に特化したアプリです。

一度保存した事のあるプログラムスロットにはファイル名が設定されているので、そのファイル名でセーブする事で間違った名前で保存することを防ぐことが出来ます。またセーブ自体も素早く行う事が出来ます。

またセーブ時にバックアップ用に指定したプロジェクトフォルダにも同時にセーブする機能もあります。この機能を使うには、バックアップ用のプロジェクトフォルダを指定しておく必要があります。

バックアップ用に使うプロジェクトフォルダはあらかじめ作成して1つ以上のファイルが存在する必要があります。(空だとプロジェクトフォルダとして認識できません) このフォルダの名前はデフォルトでは「BACKUP」となってます。変更したい場合は、プログラムの上部設定にある「C_BACKUP$」の内容を書き換えてください。

そしてこれも冒頭で説明したように、このアプリは僕のリリースしたPUCHI-LAUNCHから利用することを前提にもしています。とりあえずPUCHI-LAUNCHと同じプロジェクト内に入れておくのが推奨です。

■使用方法

起動するとセーブ対象のスロットの選択画面が表示されます。ここにはセーブ可能なスロット(プログラムが存在し、一度でも保存やロードをするなどでスロットにファイル名が存在しているもの)が表示されます。

また画面下部にはスロットの中身の一部がプレビューで表示されています。ただしスマイルボタンではなく直接起動した場合は、起動に使ったプログラムのスロットのプレビューは表示されません。(セーブする事は出来ます)

スロットをAボタンで選択すると、そのスロットの内容をスロットに設定されているファイル名でセーブします。この時に、Lボタンを押しながら選択するとバックアップ用に設定したプロジェクトフォルダにも同時にセーブすることが出来ます。ファイルを個別に複製としてバックアップも取っておきたい場合に便利に使えると思います。

基本機能は以上ですが、このアプリには特殊機能としてオートバックアップ機能があります。

オートバックアップ機能は、上記のバックアップ先に設定したプロジェクトフォルダ側に存在するファイルと同名のカレントプロジェクトにあるファイルをバックアップ先にコピーする機能です。バックアップ先への同時セーブ機能を使っていればバックアップ先にはファイルがあるはずなのでコピー対象になりますし、手動でバックアップ先のプロジェクトフォルダにファイルを入れておいてもバックアップ対象のファイルとして認識されます。
ただしプログラムやテキストなどのTXT形式ファイルのみで画像などのDAT(バイナリ)形式のファイルは対象外です)

この機能を実行するには、始めのスロット選択画面で、Lボタン+Yボタンを押してください。すると即座に以下のような画面に切り替わりバックアップ処理が実行されます。

PUCHI-SAVER-BACKUP

実行は自動的に行われますが、セーブ時にはどうしても確認ダイアログが出てしまう(プチコンの仕様)ので、都度OKを押してください。(確認して不都合があればキャンセルも出来ます)

バックアップ先とまったく変更がないファイルは自動的にスキップするので確認ダイアログなどは表示されません。
 

以上です! 今回はまとめて2つなのでちょっと長かったですね…。ただ基本操作は似てるので、使い勝手はそんなに変わらないと思います。

これで全てのプチコン3号製作したツール(5本)の紹介が終わりました!

なんだかんだで数が増えると説明も大変だしプログラムのメンテナンスも大変だったりします。でも多くの人に使ってもらいたいと思って、他人が使うときの使い勝手を重視しながら作ったつもりです。(自分専用ならもっといい加減…)

今後はツールに関しては、僕自身はこれらのツールのメンテナンス(バグ修正など)以外はしない予定です。ただし要望などが届いたら検討して場合によっては実装するかもしれません。
一通りのツールは作ったので自分的には便利に使えると思っているのですが、一つだけ心残りなのはPUCHI-MAP(BGマップエディタ)が作れなかったことですねー…。公式のツールは使いにくいので時間があれば作ってみたかったのですが、これらの5本で手一杯でした…。またそろそろツールではなくそれを使ってゲームを作りたいところでもあるので、ずっとツールを作っているわけにもいかないですしね。

ということで、次はプチコン用ゲームの紹介が出来るといいなぁ…。まあゲームはツールより大変なので、先が読めない部分もありますが、構想自体は頭にもあって実はちょこっとだけ着手はし始めているので、これが順調にすすめがいいのですが…って感じです。

という感じですが、さすがにプチコンだけをやっているわけにはいかないので、どうなっていくかはわかりません(そもそもiPhoneやAndroidの開発のこともありますしね)が、今後もよろしくお願いします!
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新情報
無料、有料ゲームを作っている無責任商会です!

ホームページはコチラ!
twitterアカウント

LINEスタンプ
「ぼんぼん人のちょいゆる敬語」公開中!
ぼんぼんスタンプ ちょいゆる
スタンプ詳細はココ


パズル「すなっぷる」iPhone版
公開中!
すなっぷる
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に女子高生探偵アドベンチャーゲーム
「女子高生探偵来栖レイ 」公開中! 女子高生探偵来栖レイ
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に工房経営シミュレーションゲーム
「ガラクタ工房2」公開中! ガラクタ工房2
ゲーム詳細はココ
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM