<< タッチUI(ユーザーインターフェース)方針草案その1 | main | アドベンチャーゲームについて思う事 >>

タッチUI(ユーザーインターフェース)方針草案その2

ということで(?)、前回に続き、その2です。

てか、今のところその3は無いような気もしますが…。まあとにかく、予告したように今回はスクロールについてって感じになります。

それでは、続きます!

前回、タッチインターフェースではすぐに反応する事が大事だと書きましたが、それはスクロールの場合も同じです。それをふまえた上で、スクロールに特化した部分について書きます。

タッチの場合、スクロールが可能なエリアにタッチしスクロール方向(縦スクロールなら縦、横なら横、全方向なら両方)に動かした時は、スクロールバーが表示されてない場所の場合、スクロールガイド(便宜的にそう呼びますが、要は一時的に表示されるスクロールバーのようなもの)を表示します。そして、その方向にスクロールさせます。

その時、スクロールのリミットでそれ以上動かせない場合も、画面半分ぐらいまではスクロール可能にし、指を離した時に元の位置まで戻るようにします。これは操作に対しての反応をすぐにさせる事で、そのエリアがスクロール可能なエリアだと言う事を明確にするという意味もあります。(なのでスクロールバーが常に表示されているような場合は、必ずしもリミット外までスクロールさせる必要があるわけではない)

スクロールには基本的には慣性をつけます。ただし細かい操作が必要で動かした分しか動かない方が適切な場合は慣性をつけません。なので、どちらが良いかは臨機応変に対応します。

指を離してスクロールが止まった時にはスクロールガイドなどの表示は消します。

スクロール範囲には、その中にボタンのようなものがある事も多いので、その際は、スクロールになった時はそのボタンは反応しないようにし、スクロール前に押した時は、前回のボタンのルールで反応するようにします。
この際、スクロールとボタンの操作の両方が一時的に混在するような状態になるので、ボタンの反応(ハイライト)は、画面をタッチしてから若干ウエイトを置いてからした方が良く、ハイライトしてない状態の時に指を離してもボタンは反応しないようにします。この辺のさじ加減は難しいのですが、スクロールとの兼ね合いで誤動作のおこらないように調整する感じですね。

って、これってほとんどiPhoneの操作と同じです。これは実際に使ってみてその操作方法が優れていると言う事もありますし、マウス同様、タッチではもはや当たり前の操作になっている所もあるので、そのフォーマットに従ってユーザーを混乱させないようにするという事もあります。

操作方法というのは、それが優れている優れていないに関わらず、スタンダードが存在するものは、なるべくそれに合わせた方が良いという考え方もあります。独自の操作方法を考えて、それが恐ろしく良かったと思っても、慣れ親しんでない操作に対してはユーザビリティーが落ちると言わざるをえないからです。

まあそれでも、これだ!ってのを推し進めるという選択肢もなくはないですが、そこまでやるかどうかの判断も慎重にする必要がありますね〜…。

またスタンダードが存在しないもの。または存在しても、それに+αする形でのユーザービリティーの向上などが見込めるものに関しては、積極的にチャレンジするのも大事だと思います。この辺は普段から僕がよく考えていることですね。

という感じで、草案その2は終わりです。その3は今のところ予定がありませんが、また出てきたら書こうと思いますし、ある程度考えがまとまったら、総集編という形でまとめるのもいいかなって思ってます。

タッチUIに限らずインターフェースに対する考え方は色々ありますし、またそのうち書いてみようかと思う事もありますね〜。

と言う事で、今回もありがとうございました〜。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
最新情報
無料、有料ゲームを作っている無責任商会です!

ホームページはコチラ!
twitterアカウント

LINEスタンプ
「ぼんぼん人のちょいゆる敬語」公開中!
ぼんぼんスタンプ ちょいゆる
スタンプ詳細はココ


パズル「すなっぷる」iPhone版
公開中!
すなっぷる
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に女子高生探偵アドベンチャーゲーム
「女子高生探偵来栖レイ 」公開中! 女子高生探偵来栖レイ
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に工房経営シミュレーションゲーム
「ガラクタ工房2」公開中! ガラクタ工房2
ゲーム詳細はココ
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM