<< なんとなく2回目の書き込み | main | ブログっぽいブログ >>

雑談的ゲームの作り方論〜プロローグ〜

ということで昨日の予告通り始めたいと思っています。
といいつつ今回はプロローグと言うことで…。

正直1回がどのぐらいの長さになるかわからないですし興味のない人も居ると思うので、基本的に記事を分けておこうと思います。興味がある人は続きから見てみてください〜。

ということで、続きです!

今回はプロローグなので記事のコンセプトとかそんなことを語ってみます〜。

ゲームの作り方と言ってますが、実際のプログラム講座やコードを示した解説と言うよりも、もっと広い範囲での雑談みたいな感じにしたいと思っています。つまりゲームを作りたいという人以外でも見てもらえたらなーって感じです。

なので出来るだけ専門用語は使わずにわかりやすく読みやすい記事にしていきたいと思っていますが、意図に反して微妙な感じだったら指摘してください〜。そういう指摘もふまえて直していけたらって思ってますので!

ということでプロローグなのでちょとだけ。

ゲームと言ってもたくさんありますが、今回は比較的ライトなミニゲームの作り方って感じでいこうと思います。
で、ミニゲームと言ってもたくさんありますが、一応僕はパズルゲームを出しているのでパズルゲームって事にして書いてみようと思っています。

まずパズルゲームってどうやって作るんでしょうね? はっきり言って人それぞれだと思いますが、とりあえず僕の場合を例にしてみますね。

まずはアイデアです。いきなり閃くこともあるかもしれませんが、どちらかというと考えている時に出てくることが多いです。というか、ぼーっといつも考えているだけかもしれませんが、笑

パズルの場合、結構ルールが重要です。なのでその基本であるルールをどうするかという方向からと、僕の場合もう一つ、テーマ(素材)を探すという両面から挟み撃ちのようにして考えます。

たとえばXI(サイ)というゲームはサイコロという素材から出て来た感じとも言えます。実際はどうだか知りませんが、素材を元にルールを作る、みたいな感じで作られることも多いんじゃあないでしょうか?

またテトリスやぷよぷよのように、揃ったら消える、落ちる、などのルールから元に、新しいゲーム性が無いか考えてみるという感じの事もしますね。

このようにどちらか一方ではなく両方から考えてみて、両方がうまくぶつかりビックバーンのようにはじけた時に、新しいパズルゲームが生まれるんじゃないかなぁ? なんて思ったりもして。

とまあこんな風に考えつつパズルのネタを練る感じです。

ということで続きは次回〜。
あ、次回が翌日とはかぎりませんので〜。評判が良ければ間隔が短くなるかもしれないし、他の割り込まれればまたその次って事にはなると思います〜。

という感じですが、今後ともよろしくお願いします〜。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
最新情報
無料、有料ゲームを作っている無責任商会です!

ホームページはコチラ!
twitterアカウント

LINEスタンプ
「ぼんぼん人のちょいゆる敬語」公開中!
ぼんぼんスタンプ ちょいゆる
スタンプ詳細はココ


パズル「すなっぷる」iPhone版
公開中!
すなっぷる
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に女子高生探偵アドベンチャーゲーム
「女子高生探偵来栖レイ 」公開中! 女子高生探偵来栖レイ
ゲーム詳細はココ

iアプリ「RPG大集合」に工房経営シミュレーションゲーム
「ガラクタ工房2」公開中! ガラクタ工房2
ゲーム詳細はココ
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM